刺激をすると危険!花に寄り付くアシナガバチの退治法 刺激をすると危険!花に寄り付くアシナガバチの退治法

アシナガバチ駆除をした後は予防をしておこう

効果的な予防方法を考えましょう

普段からアシナガバチが寄り付かない環境を作っておけば、刺される心配もありません。ここでは、自分でできるアシナガバチ対策をご紹介します。

自分でできる環境改善方法

庭木を剪定する
それにしてもハチの多くは花の受粉に好影響な益虫なのに、人に危害を与える印象で嫌がられるようになったのでしょうか?これは、都心部や郊外でも林や森が減少し、しかも広い野原が減ったためです。急速な再開発で生息地を追われてしまったことが原因と考えられます。そのため、人間が生活する住宅地に巣を作るようになったのでしょう。そこで、自宅以外の安全な場所に巣を作ってもらうために、こまめに雑草を刈ったり、自宅の壁面を定期的に掃除したり、草木剪定、庭のお手入れや余分な家財の処分などを行っていきましょう。
ハチが寄りにくい植物を育てる
花をつけない観葉植物やシダ類など、植える植物にも気を使いましょう。水盆の下の受け皿に水を溜めておくと、暑い時期にアシナガバチを寄せ付けてしまう場合があります。またアシナガバチの捕食は花の蜜ではありませんので、1年草で背の低い草木なら巣を作られたりしないでしょう。そのため、高い場所を好むアシナガバチを寄せ付けなくさせることができます。毛虫などがつきにくい種類もホームセンターでは見つけることが可能です。
グッズを利用する
アシナガバチなどを自宅に近づけない方法としては、ホームセンターのガーデニングコーナーなどに、ガーデニング用虫よけ散布剤などが市販されています。また、ハチは水を飲みに来る習性があるため、ペットボトルを利用し、中に半分くらい水を入れて、口の部分に油やシリコンオイルを塗ってトラップとする工夫もあります。しかしアシナガバチは益虫なので、殺すより追い払うような薬剤の散布が一番効果的だと思います。

業者に依頼すると再発を予防してもらえます

アシナガバチ駆除に、民間の専門業者を利用すると、場合によっては別オプションで別途料金が付く場合があります。完全駆除で巣を撤去し、残ったアシナガバチが戻らないように、一網打尽にした後、後処理で薬剤散布が行われます。市販の防虫剤はピレスロイド系薬剤が多く、広く使われる防虫剤ですが、プロの専門業者の場合は、農薬の成分に近いものです。より強力で、乳剤を散布する場合もあるので、当然在宅が必須ですが効果は非常に高く、しばらくアシナガバチ発生を予防することも可能です。

経験豊富な業者なら蜂の習性が分かる

自分でアシナガバチの駆除に挑戦することもできますが、刺される危険性があります。アシナガバチが何故巣を作るのか、あるいは巣を作られやすい環境などの原因を把握する必要があります。専門業者のスタッフは専門知識を豊富に持っているため、確実で安全に駆除を行ってくれます。また、自分では気が付かないアシナガバチが好む環境を教えてもらうこともできます。是非プロの業者にアシナガバチ駆除を依頼しましょう。

TOPボタン